ヨーガとオーバートレーニング症候群の関係 デメリット

Yoga

ヨーガのデメリットって?

ブームが過ぎ去り、ようやく認知され定着しつつあるヨーガ。

巷に溢れるヨーガの情報とそのメリットの数々。

正直デメリットについてはあまり見かけないのも事実である。

資格を出す指導者、一般インストラクターがヨーガのデメリットについて言及しないのは当たり前といえばそうなのかもしれない。

だからこそ書かなくてはいけないと思っている。

これは理屈ではなくヨーガを18年間実践し継続してきた経験があるからこそ書けることである。ヨーガの哲学、人体解剖学にだけ精通している非実践者には決して書くことはできない。

もちろんそれが正解なのか、それとも不正解なのかは分からないし、答えはその時々それぞれの経験によっても変わってくるだろう。

ヨーガとオーバートレーニング症候群の関係

まず私自身はヨーガをエクササイズだと思ってはいない。

ではヨーガはエクササイズではないと断言している私自身が、

ヨーガとオーバートレーニング症候群の関係について書くこと自体が矛盾しているし、疑問を感じてしまうだろう。

ヨーガ(アサナ):反復運動がない

例外あり:太陽礼拝のポーズ、アシュタンガ·ヴィンヤサ·ヨーガにおけるダウン·フェイシング·ドッグ、アップ·フェイシング·ドッグ、ジャンプバック、ジャンプスルー)

エクササイズ:反復運動がある

例:ピラティスなど(a、b、cを3セット)

アサナの実践において体をくまなく使い負荷が掛かっていることは紛れもない事実である。

そしてヨーガを始めて数年経つとアサナへの執着が日増しに強くなっていきアサナの実践を休むことへの不安を駆り立てられるようになる(個人差がある)。休みをとることなく実践を継続することで身体は疲弊し疲労が蓄積されて心を開放するはずのヨーガに心身ともに縛られるといった負の連鎖に陥ってしまう。

この状況はヨーガ実践者のみならずアスリートなどにも多い。

オーバートレーニング症候群とは

生理的な疲労の蓄積によって起こる慢性疲労状態。

脳視床下部、脳下垂体がストレスを受け続けることによりホルモン分泌が低下。

それによって疲れがとれない、筋肉痛が治らないといった状態に陥る。

またホルモン分泌の低下は自律神経のバランスを崩す原因のひとつでもあり、自律神経が乱れることによって、精神的ストレス、睡眠障害、内臓機能の低下を招く。

詳しくはこちらで↴ www.e-healthnet.mhlw.go.jp

慢性疲労症候群とは

常に体がだるく、疲労感があり、休養をしっかりとっても回復しない状態が続く状態。

詳しくはこちらで↴

www.msdmanuals.com

最後に 健康のためのヨーガでなくてはならない

ヨーガを始めたきっかけ目的は違えども不健康を目指している人は絶対にいない。

そしてヨーガを正しく継続しさえすれば必ず心身の健康に結びつきより良い人生が送れるのは間違いない。

しかしながらこの正しくが非常に難しい。

そしてこの正しいは、年齢、生活環境、経験等によって変化し続ける。

それが外見だけの問題であれば、ヨーガ指導者、一般インストラクターではなくても誰にでも分かるであろう。

だが中身となると難しい。あなた自身が分からないこと(感じないこと)は他人には絶対に分からないはずだからだ。

そして何よりもあなた自身がその問題に気付いていないことである。

その原因としては、心が外へ外へと向かい、自分自身を鑑みることもせずに忙しい忙しいと嘆き心を亡くし心身のケアを怠っていることだ。

これは物事を同時に行うながらなになにをしてはいけないとか、心を内側に縛り付けて禁欲的生活を送れといったことではない。

24時間の内のたった数分間呼吸を整え心を落着かせて自分自身を感じてみる。

そして身体からのメッセージに耳を傾ける。絶対に無視してはいけない。

なぜなら物事には必ず理由があり、原因がある。

一度立ち止まり理由を考えてみる。

答えが出なくてもいい、間違っていてもいい。

そういった癖をつけ、ルーティン化することで少しずつ真相に近づいていく。

自分自身を見て見ぬ振りし健康を疎かにしては絶対にいけない。

たった少し意識を変えるだけでいい。

そして休む勇気と心の強さを身につけなければいけない。

世界のトップアスリート、ヨーガの達人はこれが出来ている。

だからこそトップアスリートはピークをコントロールし安定して勝ち続けることができる。

ヨーガの達人に関しては、正直良くわからない。なぜならばヨーガは競い合うものでもなければ比較するものでもないからだ。

もしあなたの心に一切のブレが生じず、何事にも執着がなければ達人と呼べるのかもしれない。

健康より大切なもはない。

だからこそ自分自身を誰よりも愛し労らなければならない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました