少年の夢

Poems

届かない

眩しく輝くその果実

また届かない

甘い香りを放つその果実

あと数センチ

僕を魅了してやまないその果実

そっと手を伸ばす

憧れ続けたその果実

いくつの年月を数えただろう

ついに少年の夢はかなった

コメント

タイトルとURLをコピーしました